事務局からのおしらせ

第36回滋賀県社会福祉学会 自由研究発表の募集

日付:2017年09月08日(金) 発信者:社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会

自由研究発表は、社会福祉に関わる活動、研究等を行っている方が日頃の成果を発表する場です。また、それは「自らを試し、自らを磨くこと」につながります。滋賀県社会福祉学会では、そうした皆さんの努力を応援し、枠や分野をこえて、福祉に関わるものみんなで共有したいと思っています。
 今年も皆さんの意欲的なチャレンジをお待ちしています!!

学会開催日:平成30年2月22日(木)9:30〜16:30(予定)
      ※自由研究発表は今年度から、午前中に行います。
学会開催場所:県立長寿社会福祉センター(草津市笠山7−8−138)


1 募集する発表
  滋賀県内における社会福祉に関する業務、活動、研究の発表
  ※口頭発表とポスター発表の2種類を募集します。
  
2 発表対象者
  社会福祉に関する実践を行っている人、研究を行っている人等
  (社会福祉関係者、医療・保健関係者、教育関係者、ボランティア・市民活動関係者、地域福祉活動実践者、企業・団体関係者、学生、その他福祉に関心のある人など)

3 発表申し込み方法(口頭発表・ポスター発表共通)
 (1)発表には、口頭発表とポスター発表があります。いずれかを選び、「発表参加申込書」にてお申込みください。
  ・共同研究者がいる場合は、「発表参加申込書」に氏名等を記入してください。
  ・共同研究者氏名は、プログラム等に掲載します。

 (2)口頭発表として申し込まれる際は、希望の分科会を以下の中からお選びください。
    々睥霄塋〇祕貳漫           ´⊂祿音・者福祉
    J欅蕁∋童福祉、ひとり親家庭支援   っ楼菠餝腑吋◆∧餝臈支援
    ッ楼菠〇磧▲椒薀鵐謄ア・市民活動   災害と福祉
    Ъ匆駟〇祕貳

4 レジュメの作成(口頭発表・ポスター発表共通)
 (1)発表には、要旨集レジュメの作成が必要です。原稿は、「発表レジュメ作成方法」に基づき作成してください。原稿量はA4用紙1枚です。体裁は、40字×40行を原則とします。
(2)提出された原稿は、研究倫理、様式等を確認したうえで、版下として印刷・製本します。
(3)原稿は、仝Φ罎量榲、研究の方法、N冤的配慮、し覯漫考察という基本的な枠組みを示して執筆してください。結果・考察について「当日資料配布」という未完成な原稿は認められません。発表原稿の枠組みが不十分な場合は、原稿の差し替えを求める場合があります。

5 発表方法
 (1)口頭発表
   “表時間は報告15分、質疑10分の合計25分です。
   口頭発表では次の機材が使用できます。機材は事務局で準備したものしか使用できません。

   ● 液晶プロジェクター  ● パソコン(パワーポイント対応)
   ● DVDプレーヤー   ● スクリーン

   5〆爐料犧遒蓮発表者あるいは共同研究者でお願いします。
   こ慍馘日の使用依頼には応じられませんのでご注意ください。
   ヅ日配布資料がある場合は、発表者が50部程度、持参してください。事務局への印刷依頼には対応できません。当日配布資料においても倫理的配慮を必ず行ってください。
   ε日配布資料は、発表開始30分前(1題前)までに会場の係員にお渡しください。

 (2)ポスター発表
   .櫂好拭屡表会場内の所定の場所(後日指示します)へ、学会当日、9時までに持参のポスターを各自で掲示してください。掲示範囲は、縦 180cm、横 90cmです。
   ▲櫂好拭失脳緝瑤法発表タイトル・発表者名・所属を明記してください。
   ポスター発表者は、午前11時〜12時の時間帯は、必ずポスター発表会場に在席してください。

6 発表申し込み締め切り(厳守)
  ◆ 発表申し込み     : 平成29年10月31日(火) 
  ◆ 発表者のレジュメ送付 : 平成29年12月8日(金)

  (注意事項等)
  *申込書は、必ず締め切りまでにお送りください。
  *滋賀県社会福祉学会実行委員会で、発表申し込み内容を審査し、当日のプログラムを決定します。記入内容に不備があるものについては、事務局より再度提出を求める場合があります。
  *口頭発表は最大36題となります。審査の結果、分科会の変更及びポスター発表への変更をお願いする場合があります。
  *プログラムが決定するまで連絡等はいたしませんが、上記締め切りまでに、次ページの様式に従ってレジュメをメールまたは郵送にて送付してください。
  
7 発表の辞退、欠席
  ・発表決定後の辞退や当日の欠席は、特別な事情がある場合を除いて認められません。
  ・やむを得ない理由で辞退、欠席した場合、その発表は無効とします。

8 参加費
   発表者(共同研究者を含む)、一般参加者ともに参加費が必要です。参加費は当日受付でお支払いください。
  ・一般参加・発表参加者     1,200円
  ・大学・短大・専門学校等学生  1,000円
  ・高校生以下           無  料

9 社会福祉学会奨励賞
  ・口頭発表の中から「社会福祉学会奨励賞」を選び、研究を奨励します。
  ・この奨励賞に選ばれた発表は、発表内容を論述したレポートを提出することとし、「滋賀社会福祉研究第21号」(平成31年2月発行予定)に掲載します。

10 問い合わせ・申込先
  滋賀県社会福祉学会事務局
  社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会 事業部門 地域福祉担当
  (担当:佐藤・安田・林)
  〒525−0072 草津市笠山七丁目8番138号 県立長寿社会福祉センター内
   電 話 077−567−3924  FAX 077−567−5160
     e-mail shiga-gakkai@shigashakyo.jp URL http://www.shigashakyo.jp/